就職活動のポイント!気を付けてほしい3つのこと ?>

就職活動のポイント!気を付けてほしい3つのこと

自分はどう働きたいの?

リーマンショック直後ほどではなくとも、就職活動はまだまだ大変ですね。ですから、就職活動の中でしっかりとビジョンを持っておきたいことがあります。それは、「自分はどう働きたいの?」という点です。キャリアプランも大切ですけど、それは一旦置いておきましょう。明確にしてほしいのは、あなたが働く上で譲れないことです。給与の額、休日数、仕事内容、業界、会社の雰囲気と、色々ありますが、その中で絶対に譲れない物は何か、逆に譲れる物は何か、明確にしておきましょう。そうすれば、会社選びの時に、「とりあえず受けておこう」と「ここだけは絶対に嫌」というラインがはっきりしますので、悩まなくて済みますよ。

面接は、自分が見られるだけじゃない!

面接は、自分という人間を企業にアピールする絶好の機会です。そのため、応募書類を送る段階から気を付けて、細心の注意を払い面接に挑む人が多いのではないでしょうか。面接指導でも、「会社に入る前から帰って来るまでが面接だ、帰り際の面接官以外の会社の人にも挨拶を」とよく言います。しかし、面接は応募者が一方的に審査される場所ではありませんよ。言ってみれば「お見合い」です。面接を受ける側も、面接官の言動を企業の顔として見て良いのです。ですから、面接で不信感を覚えた企業は避けましょう。あえて圧迫面接をする企業もありますので一概には言えませんが、面接での悪印象は、だいたい合っています。

不採用続きでやる気がなくなった、大丈夫です!

不採用が続き、落ち込む就活生は珍しくありません。むしろ、当たり前のことです。中には、100社以上受けて全滅したという人もいます。不採用続き就活にやる気がなくなった、という人も。それは何ら悪いことではありません。そのうち、落ち込んだ気持ちを上手くコントロールできるようになります。もし、いつまで経っても落ち込んだまま、動けないどうしよう、と不安になっている人がいたら、就職支援に行きましょう。大学であれば、就職支援の課があるはずです。自発的に動けない時は、こうした支援員さんの言うことを聞いていればOKです。動いているうちに気持ちも変わってきますし、支援員さんと話をすることで、ストレス発散にもなります。

企業が手っ取り早く新卒を採用したい、と思うときがあるでしょう。そんな時には、新卒紹介をしてくれる会社を探してみると良いのではないでしょうか。


Comments are closed.