子育てとの両立を目指す人必見!ママの仕事選び ?>

子育てとの両立を目指す人必見!ママの仕事選び

雇用条件はよく考えて決めましょう

子育てと仕事の両立。現代女性の大きな課題のひとつですよね。国でも、子育てと両立がしやすいように制度が変わってきています。保育園の入所基準、時短勤務などなどです。しかしながら、実際の現場はどうなのでしょう。本当に仕事も子育ても充実した生活にするにはそれなりの覚悟と知恵が必要だと筆者は思っています。まずは仕事の雇用条件をどうするかが大きな分かれ目です。子育て支援、育児休暇制度が充実している会社であれば正社員として働き続ける事が可能でしょう。一方、もう少し時間に余裕がほしいと思えばパートで働くのはお勧めです。パート勤務も色々あり、短時間から、朝から夕方までなど選べます。そこでの注意は年収によって社会保険が付いてくることです。扶養に入るかどうか、よく考える必要がありますね。

共働き家族の強い味方!保育園の現状

では、いざ働こうと思ってもまずは保育園です。色々問題はありますが、一時から比べると待機児童の問題も少なくなってきました。やはり都心に近いほど待機児童は多そうです。最近は「こども園」といって、保育園と幼稚園が合わさった施設も増えてきました。ご自身の地域の現状をよく知って、認定園に入所できれば仕事はしやすくなります。幼稚園などの短時間保育でもパートであれば働く事は可能でしょう。保育園の選ぶ基準は、地元!と思っておられる人も多いですが、実際は勤務地の近くや入りやすかったなど必ずしも校区内の園に行っているお子さんは少なそうです。ですので、小学校に上がったときの不安は感じなくてもいいでしょう。

大切なのはママのやりがい!?

昔はよく「3歳までは家でみる」など言われましたが、もう古い話ですよね。実際の研究によると、3歳まで自宅で保育していたお子さんと、1歳未満で保育園に預けられたお子さんに違いはなく、思春期などにも影響はないそうです。お母さんの愛情は夜とお休みの日にたくさん注いであげれば子供はスクスク元気に育つのでしょう。子供も5歳ほどになると、お友達と遊ぶことが楽しくなって「帰りたくない」と泣くお子さんもいます。大切なのはお母さん自身が楽しく働く姿を子供に見せてあげる事なのではないでしょうか。

主婦のパートはインターネットで探してみることをおすすめします。主婦向けに週3回以内などのお仕事がたくさん紹介されています。


Comments are closed.